Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

誤送信によりメールアドレスが流出 - ネットプロテクションズ

決済サービスを展開するネットプロテクションズは、メールの誤配信が発生し、メールアドレスが流出したと発表した。

11月7日に複数の顧客へメールを送付する際、他の顧客がメールアドレスを確認できる状態で送付したもの。データベースから抽出する際、人為的なミスにより事故につながったという。

流出はメールアドレスのみで、氏名や住所などは含まれていない。561名へメールが送付されたが、グループ単位で送付したため、送付されたユーザー数は異なり、1度に送付された人数は、最小で2名、最大で107名へ送付されたとしている。

同社は、事故が判明した同日中にメールにて謝罪、削除を依頼した。さらに翌8日には正式な謝罪メールを送付し、今後の対応について報告したとしている。また、加盟店に対しても謝罪と事故対応の状況を報告している。

同社では、再発防止のため、自社開発のメール配信システムを見直し、個別配信やBCCしか利用できないシステムへ変更するという。また、移行期間については、上長のチェックを徹底するとしている。

(Security NEXT - 2005/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「エポスカード」の利用者狙うフィッシング攻撃に注意を
新コロ感染者情報、職員個人メアド宛の送信でミス - 和歌山市
健康状態など緊急患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 江戸川病院
植物園サイトに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 藤沢市
Drupalにアップデート、ライブラリの脆弱性へ対処
防衛省、セキュ人材発掘を目的にオンラインCTFを開催
2021年のサイバー月間は「ラブライブ!」とコラボ - ツール公開やイベントを予定
NECの複数ルータ製品に脆弱性 - アップデートがリリース
メール誤送信でファンクラブ会員のメアド流出 - 奈良クラブ
問合返信メールに個人情報を誤添付 - FX事業者