Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

第一生命、54件の個人情報が顧客へ送りつけられる

第一生命保険は、川崎市麻生区に在住の顧客54名分の個人情報を記載したリストが外部に流出したと発表した。

同社顧客へリストが加入者へ送りつけられ、発覚したもので、顧客54名の氏名、住所、電話番号、保険の種類、保険の受け取り金額、契約日などが記載されていた。

流出リストは、同社の保有する情報が記載されていたが、同社が作成したものではなかった。また、同社システムが不正アクセスを受けた形跡もないという。同社では、警察署に相談、原因の究明に努めるとしている。

同社では、顧客情報が記載されたリストの社外持ち出し禁止、個人名のマスキング、社員の顧客情報へのアクセス制限など、情報漏洩対策を講じてきたが、今後は再発防止に向けてさらに対策を徹底するとしている。

(Security NEXT - 2005/11/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サーバがランサム被害、取引先情報など流出 - コックフーズ
ジュニパー、10月の月例更新で脆弱性71件に対処 - 深刻な脆弱性も
「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 10月初旬の更新で修正済み
工事影響で通信障害、復旧後もアクセス増で影響長引く - ドコモ
NTTドコモの通信障害、完全復旧 - 発生より29時間後に
顧客情報含む伝票綴り1冊が所在不明 - 三十三銀
Adobe、複数製品にセキュリティ更新 - CVSS基本値「9.8」の脆弱性も
2021年3Qはインシデントが約25.9%増 - 「サイト改ざん」が倍増
SAP、月例パッチ13件をリリース - 重要度がもっとも高い「HotNews」は2件
サポート切れ製造業システムの移行支援サービス - CEC