Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

千葉大付属病院、車上荒らしで患者の個人情報を紛失

千葉大学医学部付属病院は、関係者が車上荒らしに遭い、患者259名の個人情報が記録されたUSBメモリを紛失した。

同大学大学院医学研究院の大学院生が研究用に持ち帰る際、10月14日にコンビニエンスストアの駐車場に留めていた車の窓が割られ、車内からリュックごとUSBメモリを盗まれた。同病院によれば、紛失したのは患者259名の氏名、通院する病院名、手術内容、ID番号などの個人情報が記録されていた。

同病院では、患者のデータを研究に使用する場合には、匿名化を実施するよう指示していたが行われていなかった。今後はその周知徹底を図り、再発防止に向けて指導していくとしている。

(Security NEXT - 2005/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JR九州の会員サイトにPWリスト攻撃 - ポイント交換被害も
【不正チャージ問題】金融機関口座の取引履歴、「合算」表示に注意を
ゆうちょ銀「mijicaカード」で約332万円の不正送金被害 - 54人から不正カードに
「ドコモ口座」経由の不正チャージ、172件2776万円に
岡三オンライン証券にPWリスト攻撃 - 資産売却や出金被害は未確認
顧客情報流出でサクソバンク証券に業務改善命令
セキュリティ修正10件含む「Chrome 85.0.4183.121」がリリース
補助事業採択者向けのメールで送信ミス - 総務省
深刻な脆弱性「Zerologon」、「Samba」にも影響 - 設定確認を
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告