Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

7カ月で海賊版ソフト4000枚を販売 - 自営業男性を逮捕

埼玉県川越署は8月11日、オークションサイトを悪用して、無断で複製したソフトウェアを販売していた大分市の自営業男性を、著作権法違反の疑いで逮捕した。

コンピュータソフトウェア著作権協会によれば、男性は2005年3月13日ごろから同月17日ごろまでの間、大阪市の男性ほか3名に対して、また同年3月30日ごろから4月1日ごろまでの間、新宿区の女性ほか3名に対して、「Microsoft Windows XP Professional」を無断で複製したCD-Rを、1枚1380円で通信販売していた。

警察の調べによると、男性は逮捕されるまでの約7カ月間で、合計約4000枚の海賊版ソフトを販売していた。同協会では、男性による海賊版販売を会員企業からの情報提供によって確認しており、今年3月には、男性による出品情報約60件を削除するよう、オークションサイトに要請していたという。

(Security NEXT - 2005/08/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Mac版Zoomのセキュリティ修正に不備 - 再度アップデート
中学校でメール誤送信、保護者のメアド流出 - つくばみらい市
サイト改ざんでクレカ情報流出の可能性 - スケートボード専門店
AWS向けFWマネージドサービスの国内展開を開始 - パロアルト
メール訓練のノウハウをまとめた手引書を公開 - NCA
学生の個人情報がネット上で閲覧可能に、委託事業者の不備で - 徳島大
マルウェア感染、9分後に遮断するも情報流出の疑い - 小学館集英社プロ
Apple、macOSやiOSのアップデートを公開 - ゼロデイ脆弱性2件を修正
入学選抜情報をクラウド上に保存、複数生徒がアクセス - 都立高校
記事執筆者の口座情報をメールで誤送信 - 日本ITU協会