Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

楽天市場、店舗から個人情報123件が流出 - クレジットカード番号も

楽天は、「楽天市場」に出店している1店舗の取引情報123件が流出したと発表した。クレジットカード番号も含まれているという。

同社によれば、マスコミから情報流出についての問い合わせを受け、確認のための調査を行ったところ、流出の事実が判明したという。7月23日時点で流出が確認されているのは、センターロードが運営する店舗「AMC」における取引情報123件で、顧客の住所、氏名、電話番号、クレジットカード番号などが含まれている。

同社では、警察および同店舗と連携して調査を進めるとともに、各カード会社に対して、不正取引などの発生の有無について調査を依頼したとしている。また、同店舗を利用したことのあるユーザーに対して、心当たりのない請求やダイレクトメール、電話勧誘などへ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2005/07/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メルマガで送信ミス、メアド415件を宛先に - トヨタホーム岐阜
委託先でメール誤送信、セミナー申込者のメアド流出 - 埼玉県
ふるさと納税の受納証明書600人分を別人へ誤送付 - みやき町
新型コロナ陽性者リストが流出、アクセス権設定でミス - 福岡県
緊急事態宣言の再発令に早くも便乗、「特別定額給付金」フィッシングに注意
情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド
長岡京ガラシャ祭のサイトが改ざん - 外部サイトに誘導
インシデント対応学ぶ演習サービス - クラウドに模擬環境
PHPにセキュリティ更新 - 「PHP 7.4.14」「同7.3.26」が公開
NVIDIAのGPUドライバに複数脆弱性 - vGPUソフトウェアにも