Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、セキュリティ更新プログラムを公開 - 深刻度「緊急」が3件

マイクロソフトは、「Word」「カラー管理モジュール」「JViewプロファイラ」に脆弱性が見つかったとして、月例の更新プログラムを公開した。深刻度はいずれも、最も危険な「緊急」に設定されている。

今回公開された脆弱性には、ウェブページやメールに添付された悪質なWord文書を開いただけで、コンピューター内のファイルが読み取られたり削除されたりするなどの悪質なプログラムが実行されるといった、危険なものが含まれている。

同社では、Office UpdateやWindows Updateから、更新プログラムを早急にインストールするよう求めている。

(Security NEXT - 2005/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サプライチェーンのセキュリティ評価サービス - NRIセキュア
法人向けエンドポイント製品にサービス拒否の脆弱性 - トレンド
タピオカ通販サイト、流出クレカ情報が不正利用された可能性
スズキ海外子会社にサイバー攻撃、工場が一時操業停止
広く活用されるnpmパッケージ「UAParser.js」にマルウェア混入
脆弱性を修正した「PHP 7.4.25」がリリース
オープンソースのフォーラムソフト「Discourse」に深刻な脆弱性
三菱電機にサイバー攻撃 - 子会社複数顧客の関連データが流出
日産証券、不正アクセス受けた取引システムを廃止 - 一部代替システムへ
「PHP 8.0.12」がリリース、権限昇格の脆弱性など修正