Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、セキュリティ更新プログラムを公開 - 深刻度「緊急」が3件

マイクロソフトは、「Word」「カラー管理モジュール」「JViewプロファイラ」に脆弱性が見つかったとして、月例の更新プログラムを公開した。深刻度はいずれも、最も危険な「緊急」に設定されている。

今回公開された脆弱性には、ウェブページやメールに添付された悪質なWord文書を開いただけで、コンピューター内のファイルが読み取られたり削除されたりするなどの悪質なプログラムが実行されるといった、危険なものが含まれている。

同社では、Office UpdateやWindows Updateから、更新プログラムを早急にインストールするよう求めている。

(Security NEXT - 2005/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュ経営GLの付録として体制構築や人材確保の手引き - 経産省
プレゼント応募者の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 関西テレビ
8月のDDoS攻撃、件数は低水準だが長時間にわたる攻撃も - IIJ報告
東京証券取引所でシステム障害 - 全銘柄が取引停止に
「ManageEngine Application Manager」に深刻なRCE脆弱性
8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」
委託先や下請け関連のインシデント対応コストが上昇傾向
29日時点の「ドコモ口座」被害申告状況を発表 - NTTドコモ
加工前映像含む記録媒体が放送センター内で所在不明に - NHK
「コード決済」の不正な口座紐づけ防止でガイドライン - 3月より検討