Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

郡山信用金庫、8140件の顧客情報が記録されたマイクロフィルムを紛失

郡山信用金庫は、顧客情報の保管状況を調査したところ、8140件の顧客情報が記録されたマイクロフィルムの紛失が判明したと発表した。

同金庫によれば、紛失が判明したのは、マイクロフィルムの総保管枚数5万3423枚のうち、1998年5月の1枚と2000年9月の3枚で、氏名、口座番号、顧客番号、取引内容および残高など8140件分の顧客情報が記録されていた。

同金庫では、内部調査の結果、誤って破棄した可能性が高いとしている。また、今後は再発防止に向け、個人情報の適正な管理、および職員の意識啓発の再徹底に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小売電気事業者向けにセキュ対策ガイドライン - 経産省
不正アクセスでデータ消去されるも情報流出の痕跡見つからず - 阪大
学内宿泊施設予約システムに不正アクセス、利用者情報が流出か - 阪大
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
クラウド設定不備で個人情報に外部アクセス - イオン銀
「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正
複数ペットフード販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
秘密計算技術で研究会、安全性基準など検討 - NECら
メール誤送信、就職イベント参加者のメアド流出 - 和歌山市
消費者庁が「サポート詐欺」に注意喚起 - MSロゴなど悪用