Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング詐欺で国内初の逮捕者

警視庁は、インターネット上で偽のホームページを作成、個人情報を詐取し、不正利用した42歳の男性を不正アクセス禁止法および著作権法違反の容疑で逮捕した。

男性は、ヤフーの偽サイトを作成し、ユーザーのIDやパスワードを詐取し、それらデータを利用し本物のヤフーへアクセスしたという。

フィッシング詐欺は、米国ではすでに深刻な被害が発生。国内でも、カード会社や大手ポータルサイトを装ったフィッシング詐欺メールが登場している。また、サーバがフィッシング詐欺の踏み台被害に遭う例も発生、セキュリティ機関が注意を呼びかけている。

これら詐欺の被害を防ぐため、クレジットカード事業者やセキュリティ事業者などを構成メンバーとして、フィッシング対策協議会が4月28日に設立され、活動を開始している。

(Security NEXT - 2005/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

複数ペットフード販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
秘密計算技術で研究会、安全性基準など検討 - NECら
メール誤送信、就職イベント参加者のメアド流出 - 和歌山市
消費者庁が「サポート詐欺」に注意喚起 - MSロゴなど悪用
「Emotet」感染後の対応、「駆除」だけでは不十分
SonicWall、VPN製品向けに追加アップデート - すぐに更新を
「テレワークセキュリティガイドライン」に改定案 - パブコメ実施
「Salesforce」ベースの自治体向けサービスで設定不備 - 71団体が導入
セキュリティ運用ソフト「LogStare Collector」に新版
「ノートン360」の上位製品に個人情報流出の通知機能