Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ニフティ、セキュリティサービスの機能強化ツールに不具合

ニフティは、「常時安全セキュリティ24」の機能強化に伴い、5月24日より提供していた専用ツール「セキュリティ24アシスタントツール」の最新版に不具合が見つかったと発表した。

同社によれば、スパイウェア警告機能とフィッシング対策機能を追加するために提供された専用ツールのバージョン3.00および3.01に、不具合が見つかった。利用環境によっては、バージョンアップに失敗して同ツールが削除されたり、インストーラが頻繁に起動する可能性があるという。また、オンラインバンクなどの一部のサイトにログインできない場合があるという不具合も見つかった。

同社では、対処方法とお詫びをサイトに掲載するとともに、今後の対応状況についても随時報告するとしている。なお、不具合の修正が完了するまで、機能強化版の提供は停止されている。

(Security NEXT - 2005/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

WP向けダウンロード監視プラグインに脆弱性
受託研修事業の受講者メールアドレスが流出 - 中部大
なりすましメールでEmotet感染、情報流出 - 防犯カメラメーカー
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
大量スパム配信から「Emotet」に攻撃トレンドがシフト - OS非標準のzip暗号化で検知回避か
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に
2020年3Qは脆弱性届出が1.3倍に - ソフト、サイトいずれも増加
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
最新脅威やコロナ時代のセキュ課題など50以上のセッション - パロアルトがカンファレンスイベント