Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

FOMA P901iにソフトウェアの書換えができなくなる不具合

NTTドコモは、FOMA「P901i」の一部端末において、特定の操作を行うとソフトウェアの書換えができなくなるなどの不具合が発生すると発表した。

対象となるのは、電池パックを外した本体シール部分の「製造年月」が「2005年4月」以前のP901i。ソフトウェア更新を行う際、ある特定の操作を行うとソフトウェアの書換えができなくなるという。詳細なソフトウェア更新の操作方法については、後日ダイレクトメールで知らせるとし、それまでは故障取扱窓口で対応する予定。

また、ある特定の操作を行うと、キー操作を受け付けない状態や電源が切れたり再起動となる場合があるほか、着信時に終了キーを連続して押した場合などに、着信履歴が表示されない、または同じ着信履歴が2回表示されるなどの不具合も確認されている。

(Security NEXT - 2005/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「WhatsApp」に深刻な脆弱性 - ビデオ通話でコード実行のおそれ
「JPAAWG 5th General Meeting」、11月にハイブリッド開催
ダークウェブで個人情報流出を確認 - ダイナムJHD
金融庁を名乗るフィッシング - 「法令でカードの認証が必要」とだます手口
最新技術が詰まったInteropの「ShowNet」を解説するオンラインイベント
アクセ通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 再開時は旧顧客リストを使用せず
Zohoのアクセス管理製品にあらたな脆弱性 - 6月判明の脆弱性はすでに攻撃対象
メール送信時に講演会申込者のメアドが流出 - 佐伯市
労働力調査の対象世帯リストを一時紛失 - 奈良県
「サイバーセキュリティ」認知度5割届かず - 3割弱が対策未実施