Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

BIGLOBE、サーバ上で迷惑メールを選別する会員向けサービスを提供

BIGLOBEは、会員向けに、ダイレクトメールやフィッシングメールなどの迷惑メールをサーバ上で自動的に選別する「迷惑メールブロックサービス」を5月31日より無料で提供する。

同サービスは、米クラウドマークの迷惑メール判定エンジンを採用したもの。同エンジンは、全世界で120万人のユーザーから迷惑メールを収集し、メールヘッダーやメール構造に独自の解析しているという。サーバ上で一括して選別を行うため、ユーザー側での迷惑メールの学習作業などは不要。

迷惑メールと判定されたくないメールに対しては、最大2000件までの必着設定が可能。さらに2000件の受信拒否設定を組み合わせることで、より高精度の迷惑メール判定が実現できる。また有料オプションとして、7月より、ユーザーごとに設置される、メールサーバ上の別フォルダへの自動振り分け機能が提供される予定。

(Security NEXT - 2005/05/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

監視ツール「Nagios XI」に複数脆弱性、アップデートを - PoC公開済み
親族名乗る第三者に恩給受給者の住所を漏洩 - 総務省
「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
テンプレメールのBCCに無関係メアド、顧客情報が流出 - ルクールプラス
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
モバイルマーケ情報サイトが改ざん - 意図しない記事投稿やカテゴリ追加
「国内のみ」狙う偽Amazonのフィッシング - 100万件以上の日も
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
DNSサーバ「PowerDNS Recursor」にサービス拒否の脆弱性