Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カカクコム、改ざんされたサービスを公表

カカクコムは、ウェブサイト改ざん事件について、改ざんされた形跡が認められるサービスを公表した。

18日現在、トップページをはじめ、パソコンカテゴリートップや家電カテゴリーのトップなど、22ページでの改ざんが確認されている。また、「最安お知らせメール」「おすすめ?る」といったメールサービスからサイトへアクセスした場合も完全の危険があるとしている。ただし、メールの受信や閲覧だけでは感染しないという。

同社では、該当サービスの利用者に対し、ウイルス感染の可能性があるとして、セキュリティソフトなどを用いて検疫や駆除を行うようアナウンスしている。

(Security NEXT - 2005/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SonicWall製品のVPNに深刻な脆弱性 - 約80万台に影響か
「VMware Horizon」のクライアントにサービス拒否の脆弱性
Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ
専門学校生対象のコンテスト - テーマは「サイト運営会社向けセキュリティ教育」
「ドコモ口座」の不正チャージ、被害124件の補償を完了
個人情報含む国勢調査の関連書類を紛失 - 堺市
MS、定例外で2件のアップデートをリリース
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
2025年日本国際博覧会協会に不正アクセス - フィッシングの踏み台に
「phpMyAdmin」に「SQLi」や「XSS」の脆弱性