Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

秋田大学、個人情報が保存されたPCが盗難被害に

秋田大学は、4月21日から22日にかけて、公開講座受講者や教職員の個人情報が保存されたパソコンが盗難被害に遭ったと発表した。

同大学によれば、事務局のドアが破壊され、室内にあったパソコン8台などが盗まれた。現在、警察当局において捜査中だという。盗難に遭ったパソコンには、公開講座受講者の住所、氏名、2004年度外国人留学生名簿、永年勤続受賞者および叙勲受賞者に関わる名簿、秋田大学教職員の氏名、生年月日、級号俸といった個人情報が保存されていた。

同大学では再発防止策として、教職員へ施錠の注意徹底、および退室する際にはパソコンと記録媒体を離して保管し、特に記録媒体は鍵のかかるところに保管するよう指示したとしている。

(Security NEXT - 2005/05/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ドコモ口座」の不正チャージ被害、ひとまず補償を完了
介護保険被保険者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 播磨町
端末36台が「Emotet」感染 - 三協フロンテア
次世代セキュリティ製品の検知回避を狙う「Emotet」
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」
個人情報含む国勢調査関係書類を紛失 - 堺市
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
郵便物差出票に個人情報含む用紙を再利用 - 大阪市
セキュリティ情報分析基盤「CURE」、自然言語による情報の関連付けにも対応 - NICT
協力会社で「Emotet」感染か、なりすましメール出回る - 大多喜ガス