Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

秋田大学、個人情報が保存されたPCが盗難被害に

秋田大学は、4月21日から22日にかけて、公開講座受講者や教職員の個人情報が保存されたパソコンが盗難被害に遭ったと発表した。

同大学によれば、事務局のドアが破壊され、室内にあったパソコン8台などが盗まれた。現在、警察当局において捜査中だという。盗難に遭ったパソコンには、公開講座受講者の住所、氏名、2004年度外国人留学生名簿、永年勤続受賞者および叙勲受賞者に関わる名簿、秋田大学教職員の氏名、生年月日、級号俸といった個人情報が保存されていた。

同大学では再発防止策として、教職員へ施錠の注意徹底、および退室する際にはパソコンと記録媒体を離して保管し、特に記録媒体は鍵のかかるところに保管するよう指示したとしている。

(Security NEXT - 2005/05/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

DB管理ツール「phpMyAdmin」にアップデート - 脆弱性など解消
「McAfee Enterprise」のWindows向けエージェントに複数の脆弱性
「Microsoft Edge 97.0.1072.69」がリリースに - 一部独自修正も
「Drupal」に複数脆弱性 - サードパーティ製ライブラリに起因
悪意あるファイルの検知、前年比5.7%増 - 1日平均約38万件
ペット用品通販サイトに不正アクセス - 閉鎖直後に被害が判明
2021年4Qの脆弱性届出、ソフトとウェブともに減少
主任計量者の試験問題や個人情報含むUSBメモリを紛失 - 三重県
「LINE VOOM」で非公開の友だちに投稿を閲覧される不具合
F5がセキュリティアップデート - 脆弱性25件を修正