Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブ経由によるウイルス感染が増加 - 民間調査

インターネットコムは、4月28日に実施した調査により、ウェブ経由のウイルス感染が増加していることが明らかになったと発表した。

インターネットコムとインフォプラントが共同で実施している「デイリーリサーチ」により明らかになったもの。両社の発表によれば、今回20代から60代の男女300人へアンケートを実施したところウイルス感染者は全体の6.3%。感染者の内訳は、ウェブページ経由による感染が約79%とトップだったという。LAN経由が約53%、メール経由が約32%だった。ウェブ経由の感染が従来調査の3倍となり、メールを上回ったとしている。

ウイルス感染やスパムの受信状況といった詳細データは、インターネットコムのウェブサイトより有料でダウンロードすることができる。

(Security NEXT - 2005/05/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Check Pointのエンドポイントソフトに権限昇格のおそれ
トレンドの法人向けエンドポイント製品に複数脆弱性
「個人情報保護ガイドライン」のパブコメ結果で個人情報が流出
「VMware Workstation」「VMware Horizon Client」にサービス拒否の脆弱性
UTMにオンサイト対応を付帯した中小企業向けサービス - CSP
オーガニック食品の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
パーソナルデータ、4割弱が利用目的に関わらず「提供したくない」
イー・ガーディアンと日本サイバーディフェンスが業務提携
機密文書の廃棄サービス、テレワーク環境にも対応 - ヤマト運輸
2021年の上場関連企業の個人情報事故は137件 - TSRまとめ