Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブ経由によるウイルス感染が増加 - 民間調査

インターネットコムは、4月28日に実施した調査により、ウェブ経由のウイルス感染が増加していることが明らかになったと発表した。

インターネットコムとインフォプラントが共同で実施している「デイリーリサーチ」により明らかになったもの。両社の発表によれば、今回20代から60代の男女300人へアンケートを実施したところウイルス感染者は全体の6.3%。感染者の内訳は、ウェブページ経由による感染が約79%とトップだったという。LAN経由が約53%、メール経由が約32%だった。ウェブ経由の感染が従来調査の3倍となり、メールを上回ったとしている。

ウイルス感染やスパムの受信状況といった詳細データは、インターネットコムのウェブサイトより有料でダウンロードすることができる。

(Security NEXT - 2005/05/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
偽通販サイトが出没、正規サイトから画像や文章を盗用
東電会員サイトにPWリスト攻撃 - 新規会員登録の機能を悪用か
コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
ハウスクリーニングのマッチングサイトに不正アクセス
日本シーサート協議会、オンラインカンファレンスを開催 - 未加盟でも参加可
ATMの取引情報を記録したCD-Rを紛失 - 北都銀
「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追