Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

金融庁、預金口座不正利用の情報提供件数を公表

金融庁は、預金口座の不正利用に関する情報提供件数を公表した。

預金口座が不正利用される情報について口座が開設されている金融機関や警察当局への情報提供を実施している。

第5回目となる今回は、調査を開始した平成15年9月以降、2005年3月31日までのデータ。2005年1月1日から3月31日までに金融庁や全国の財務局等において、金融機関および警察当局へ情報提供を行った件数は1121件だった。2004年9月以降、情報提供を行った累計は8877件となっている。

金融機関では、預金口座の不正利用と思われる情報があった場合、調査を行い、本人確認の徹底や、必要に応じて預金取引停止、預金口座解約といった対応を迅速にとっていくこととしており、2005年3月31日までに、金融庁が情報提供を行ったものに対し、金融機関では4915件を利用停止、3225件を強制解約としている。

預金口座の不正利用に係る情報提供件数等(PDF)
http://www.fsa.go.jp/news/newsj/16/ginkou/f-20050422-4.pdf

金融庁
http://www.fsa.go.jp/

(Security NEXT - 2005/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

中学校で災害共済給付制度の同意書が所在不明に - さいたま市
アプリに個人情報が表示、システム不具合で - 愛知県内CATV局
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局
みそ通販サイトの侵害、ログイン用PWも流出した可能性
ドメイン名やDNSを学べる漫画冊子を教育機関に無償配布 - JPRS
メルマガ配信委託先に不正アクセス、スパム配信される - 全国公立文化施設協会
「Junos OS」に実装される「OpenSSH」の脆弱性について説明 - Juniper
ヘッドレスCMS「Cockpit」に任意のファイルをアップロードできる脆弱性
Fortinet、アドバイザリ18件を公開 - 複数製品の脆弱性に対応
SAP、5月の定例パッチを公開 - 重要度高い脆弱性などを修正