Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、地方公共団体における個人情報保護条例の制定状況を公表

総務省は、全国の地方公共団体における2005年4月1日現在の、個人情報保護条例の制定状況、および情報セキュリティポリシーの策定状況をまとめ、公表した。

同発表によれば、市区町村では、個人情報保護条例については、2418団体中の2368団体、全体の97.9%が制定済みで、前回調査時より12.1ポイントの増加した。

しかしながら、個人情報保護法が施行された4月1日現在でも未制定の自治体が50の団体に上った。これら団体については、今年度中には制定する予定だという。情報セキュリティポリシー は、2418団体中の2236団体、全体の92.5%が策定済みで、前回調査時より9.9ポイント増加している。

47都道府県については、個人情報保護条例の制定、および情報セキュリティ対策に関する基本方針などを決めた情報セキュリティポリシーの策定は、前回1月1日の調査時同様、いずれも100%となっている。

(Security NEXT - 2005/04/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

政府、約8年ぶりにIT-BCPガイドラインを改訂 - 新型コロナ踏まえた内容も
VR空間プラットフォーム「Hubs Cloud」に認証情報流出のおそれ
MTAの「Exim」に21件の脆弱性、PoCも公開 - パッチ適用を
政府、行政機関のLINE利用でガイドライン
鹿児島銀のネットバンク装うフィッシング攻撃 - 乱数表も詐取
政府18機関でLINEを業務利用 - 11機関で機密情報も
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
「Firefox」にセキュリティ更新 - Android版のみ影響する深刻な脆弱性も
「Samba」にサービス拒否や共有ファイルを削除される脆弱性
VPN製品「Pulse Connect Secure」にアップデート - ゼロデイ脆弱性など修正