Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ニフティ、@nifty会員向けに迷惑メール対策を強化

ニフティは、@nifty会員を対象にした迷惑メール対策「未登録アドレスブロック」、「迷惑メール通報機能」、「送信ドメイン認証対応」の3種を、2005年4月26日より順次実施する。

「未登録アドレスブロック」は、アドレスブックや許可リストに登録されているアドレス以外からのメールを、受信箱に入れずに専用のフォルダーに振り分けるサービス。未登録メールを破棄するよう設定することもできる。利用料金は無料。

「迷惑メール通報機能」は、迷惑メールを受信した際に、同社に通報する機能。「送信ドメイン認証対応」は、@nifty会員から送信されるメールに、身元を検証する技術であるSender IDとDomain Keysを適用して、送信元の証明を行うもの。これにより、同会員のメールアドレス詐称が困難になり、迷惑メール送信の抑止につながるとしている。

(Security NEXT - 2005/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「EC-CUBE」の無償診断サービスが緊急脆弱性に対応 - 痕跡調査も
ジオコードの企業サイトが改ざん被害 - 顧客情報流出は否定
配送伝票に他人の氏名、作業工程でデータにずれ - B.LEAGUE
「Citrix Workspace App」に権限昇格の脆弱性 - アップデートを公開
Adobe、13製品向けにセキュリティアップデートを公開
「Adobe Experience Manager」に深刻な脆弱性
「Adobe Experience Manager」に6件の脆弱性 - 修正版が公開
eコマースプラットフォーム「Magento」にセキュリティアップデート
「Adobe Acrobat/Reader」に14件の脆弱性、アップデートが公開 - すでにゼロデイ攻撃も
MS、5月の月例パッチで脆弱性55件を修正 - 3件が公開済み