Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラックと松下電工、未登録の持ち込みPCを検知するシステムを発売

ラックと松下電工は、企業内に持ち込まれる未登録パソコンを検知するシステム「IntraPOLICE」を共同で開発し、販売を開始する。

同製品は、ネットワーク上に流れるパケット情報をもとに、登録PC情報と照合して未登録PCを検知し、マネージャーソフトウェアを介してシステム管理者に通報するセキュリティシステム。未登録パソコンによるウイルス、ワームの拡散や、社外から持ち込まれたパソコンによる、不正なネットワーク利用や個人情報漏洩の防止に利用できる。

センサーをネットワークのセグメントに導入するだけで利用でき、サーバやソフトウェアの管理、および既存ネットワーク機器の変更などは不要。価格はオープン価格。また、今後、同一専用機において、未登録PCの接続を遮断するオプション機能を発売する予定。

(Security NEXT - 2005/04/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

VPN製品「Pulse Connect Secure」にアップデート - ゼロデイ脆弱性など修正
セキュリティリリース「PHP 7.4.18」「同7.3.28」が公開
金融機関向けASPサービスに不正アクセス - トレードワークス
「BIND 9」に3件の脆弱性 - RCEやDoS攻撃のおそれ
重要インフラ事業者へランサムウェアについて注意喚起 - NISC
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
日産証券のオンライン取引システムで障害 - ランサム感染か
QNAPのバックアップソリューション「HBS 3」に深刻な脆弱性
個情委、LINEへ委託先監督義務で行政指導 - 外国第三者提供については指導なし
総務省、LINEに行政指導 - 安全管理や利用者への説明不十分