Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中小企業の個人情報保護法対策、ノウハウ不足が足かせに - 民間調査

NTTレゾナントと日刊工業新聞社は、gooリサーチにて「個人情報保護法および情報セキュリティー対策に関するアンケート調査」を実施し、結果を公表した。

今回の調査は、中堅企業や中小企業、教育機関、地方自治体など、経費の支出あるいはIT導入に権限を持つ管理職層1200名を対象に実施したもので、有効回答数は851だった。

同調査結果によれば、約63%が経営への影響があると回答した。なかでも外注が多い企業では影響が大きいとする回答が多かたっという。一方で建設や不動産、流通、製造業においては、影響がないという回答が3割から5割で、業種による偏りが見られた。

対策を講じていないとの回答も2割を占めた。内容をみると、対策を講じていない理由としてノウハウ不足が5割近くを占めた。また、「手間がかかる」「予算がない」など、リソース不足が明らかになったという。

(Security NEXT - 2005/04/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IoT機器や制御機器に用いるRTOSなどにRCE脆弱性「BadAlloc」
フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超
「VMware vRealize Business for Cloud」に深刻なRCE脆弱性
日産証券、情報流出を最優先で調査 - サービス再開時期は慎重に判断
MTAの「Exim」に21件の脆弱性 - 最新版へ更新を
新型コロナ自宅療養者の個人情報をFAX誤送信 - 世田谷保健所
若年選手育成選考会の関係者メアドが流出 - 群馬県スポーツ協会
政府、約8年ぶりにIT-BCPガイドラインを改訂 - 新型コロナ踏まえた内容も
2020年のネットバンク不正送金、被害額4割減 - 法人では増加
2009年以降のDell製端末のドライバに脆弱性 - アップデートが順次公開、未提供の場合も削除を