Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

北海道銀行、FAX誤送信により採用試験受験者の個人情報を流出

北海道銀行は、4月1日、同行の採用試験にエントリーしている学生のうち、7名の履歴書と156名の面接予定表を、ファックスで誤送信したと発表した。

同行によれば、人事総務グループから東京事務所宛てに、会社訪問に関する資料をファックスで送信したところ、ファックス番号を間違えて外部企業1社へ誤送信してしまったという。

流出した情報は、受験希望者7名の履歴書に記載されていた学校名、学部名、住所、氏名、電話番号、生年月日などの個人情報。さらに、この7名を含めた計163名分の面接予定表に記載されていた学校名、学部名、氏名となっている。

誤送信された資料については、全て回収済みだという。被害に遭った学生に対しては、すでに謝罪の連絡はしているが、今後本人と面接のうえ、改めて謝罪するとしている。また再発防止策として、行内ファックスの外部漏洩を防止するため、あらたなファックス通信網を5月にも導入する予定だという。

(Security NEXT - 2005/04/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ゴミ分別案内のチャットボット改ざん、不正サイトへ誘導 - 横浜市
小学校で児童の学齢簿などが所在不明 - 名古屋市
サーバがランサム感染、情報流出の可能性 - ランドブレイン
「Salesforce」のアクセス権限設定で不備 - コナミ関連2社
メールアカウントに不正ログイン、外部宛に不審メール - 拓殖大
「障害解消」の通知装うフィッシング - アカウント確認を口実に偽サイトへ誘導
ランサムウェア「Ryuk」にワーム化した新亜種
中小規模組織向けにエンドポイント保護製品 - カスペ
高校で卒業生の健康診断票が所在不明 - 東京都
米政府、「Exchange Server」の脆弱性対応で緊急指令