Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

UFJ銀行を騙ったフィッシングメールに注意 - SSL証明書の確認を

UFJ銀行は、同行をかたって本人確認を促すメールを送り、偽装サイトに誘導してクレジットカードの会員番号や暗証番号などを詐取するフィッシング詐欺が発生しているとして、注意を呼びかけている。

同行では、ホームページで暗証番号やパスワードなど重要情報の入力を受付ける場合には、SSLによる暗号化通信を行っているとして、SSLサーバ証明書を確認するよう求めている。

サーバ証明書は、画面右下の鍵のマークをダブルクリックすると表示され、証明書の発行先が同行のドメイン名「ufjbank.co.jp」で終わっていることや、英文組織名が「UFJ Bank Limited」であることも確認するようアナウンスしている。

同行では、メールによる本人確認などは実施していないとして、万一同行の名前でメールが届いた場合でも、安易にリンク先ホームページにアクセスしたり、個人情報を入力しないよう求めている。

(Security NEXT - 2005/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

様式ファイルに新型コロナの患者情報、消去不十分で - 宮城県
「Apache Tomcat」に脆弱性 - 2月までの更新で修正済み
SonicWallのVPN製品に複数の脆弱性 - アップデートが公開
米政府、「CVE-2022-26925」を緊急対応リストから一時削除 - DCへの影響で
メール誤送信で委託先担当者のメアド流出 - 東京都
かんぽ生命を装う偽メールやSMSに注意
「Apache Tomcat」のクラスタリング運用に注意 - 必要に応じて対策を
「EC-CUBE」向けプラグイン「簡単ブログ for EC-CUBE4」に脆弱性
トレンド製「スマートホームスキャナー」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
説明会申込フォーム、他者情報が閲覧できる状態に - 大阪産業局