Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アイ・オー、セキュリティ機能搭載したストレージ製品を発売

アイ・オー・データ機器は、セキュリティ機能を搭載した一連のストレージ製品を「iSPIS」ブランドとして3月下旬より順次発売すると発表した。

同製品では、ドライブのロック機能や自動暗号化機能、分割保存機能といった本格的なセキュリティ機能を標準で搭載。ハードディスク、MO、USBメモリなど、3月下旬より順次発売する。

ドライブをハードウェアレベルで機能しない状態にロックする機能「HDDロック」「SUGate」やデータ自動消去機能「VOLATILE」を搭載。盗難や紛失などによって、デバイスが第三者の手に渡っても、データの読み出しを防止する。

さらに任意のフォルダやドライブに対し、自動的に暗号化を施す機能「暗号フォルダ」を搭載。また、データを複数に分割し、それぞれの割符を任意の場所に保存できる機能「e-割符 v2/v3/S2」を搭載することで、重要情報の持ち出しを保護する。

(Security NEXT - 2005/03/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

【特別企画】経営戦略に資するセキュリティを学ぶ「情報システムCAMP2024」が4月18日開催
工場スマート化のリスクや対策を解説したガイドライン別冊資料
セキュリティ学ぶ学生、同分野への就職希望は約7割 - JNSA調査
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 複数製品の脆弱性を修正
「日本シーサート協議会」が正式名称に - 法人名と通称を統一
「Rust」によるWindowsバッチ処理に脆弱性 - アップデートが公開
Juniper Networks、セキュリティアドバイザリ36件を公開 - 「クリティカル」も
「PAN-OS」に関する脆弱性7件を修正 - Palo Alto Networks
メール記載のリンク先を誤設定、個人情報が流出 - 岐阜県
「IaaS」や「PaaS」上の設定不備を診断するサービス