Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィー、1月のウイルス検知状況を発表

マカフィーは、2005年1月におけるコンピュータウイルスの検知状況を発表した。

同発表によれば、2004年に引き続きトロイの木馬が多く検出されており、検知企業数でトップ10のうち4種、検知マシン数でトップ10のうち5種を占めている。これらは、不審なサイトから知らないうちにダウンロードすることにより感染するケースが多く、不審なサイトへのアクセス、および不審な勧誘メールに記載されたURLのクリックなどが引き金になるという。

また、「Netsky」の検知数も相変わらず多い。企業ユーザーのほとんどは定義ファイルの更新を行っていることから、個人ユーザーが同ウイルスの検知数を引き上げているのではないかと、同社は分析している。

(Security NEXT - 2005/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サーバやパソコンにサイバー攻撃 - JR西日本関連会社
ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い
ネットバンクの不正送金被害が激増 - 前年同期の約40倍に
スルガ銀のフィッシングに注意う- 本人確認を求める手口
SIA、「ファクトチェックセンター」を設置 - 真偽検証して情報配信
複数テナント管理やSBOM読込に対応した脆弱性管理ツール
WAFルールセット「OWASP CRS」に深刻な脆弱性 - 「ModSecurity」とあわせて更新を
モジュール型WAF「ModSecurity」がアップデート - セキュリティ上の複数問題へ対処
「GMOクリック証券」を装ったフィッシングに注意
「Security Days Fall 2022」を10月にリアル開催 - 配信なし