Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、最新ニュースの見出しを装うワームに注意を喚起

ソフォスは、最新のニュースを伝えるふりをしてユーザーを騙し、ファイルを開かせようとするワーム「W32/Crowt-A」が見つかったと発表、注意を呼びかけている。

同ワームは、件名および添付ファイル名に、CNNのニュースサイトからリアルタイムで収集した見出しを使っている。また、本文もCNNのサイトから取り上げられているため、ユーザーはウイルスメールではなく本物のニュースレターと信じてしまうという。

同ワームは、感染するとバックドア機能を持つトロイの木馬をインストールする。これにより、PC上のキー操作を読み取られたり、ファイルを削除される可能性がある。また、PC内のアドレスを収集して自身をメール送信する。同社では、最新ニュースが記載されていても、勝手に送られてくるメールには注意するよう求めている。

(Security NEXT - 2005/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

イベント案内メールを「CC」により誤送信 - 広島県の建設会社
「Node.js」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
一部マイナンバーカードを紛失、フォルダごと誤廃棄か - 鹿児島市
戸籍謄本などパスポート発給申請書類を紛失 - パスポートセンター久留米支所
個人情報含む診療報酬の返還に関わる書類を紛失 - 新潟県
IvantiのVPN製品脆弱性、限定的な攻撃から多様な攻撃へと発展
ランサム被害で個人情報流出の可能性 - ダイヤモンド社
米当局、「Cisco ASA」など悪用が確認された脆弱性4件について注意喚起
「AI」の安全性に対する評価手法を検討する機関を設立 - IPA
Windowsのゼロデイ脆弱性「CVE-2024-21412」、昨年12月下旬より悪用