Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、最新ニュースの見出しを装うワームに注意を喚起

ソフォスは、最新のニュースを伝えるふりをしてユーザーを騙し、ファイルを開かせようとするワーム「W32/Crowt-A」が見つかったと発表、注意を呼びかけている。

同ワームは、件名および添付ファイル名に、CNNのニュースサイトからリアルタイムで収集した見出しを使っている。また、本文もCNNのサイトから取り上げられているため、ユーザーはウイルスメールではなく本物のニュースレターと信じてしまうという。

同ワームは、感染するとバックドア機能を持つトロイの木馬をインストールする。これにより、PC上のキー操作を読み取られたり、ファイルを削除される可能性がある。また、PC内のアドレスを収集して自身をメール送信する。同社では、最新ニュースが記載されていても、勝手に送られてくるメールには注意するよう求めている。

(Security NEXT - 2005/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NECの複数ルータ製品に脆弱性 - アップデートがリリース
メール誤送信でファンクラブ会員のメアド流出 - 奈良クラブ
問合返信メールに個人情報を誤添付 - FX事業者
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
2020年4Qの脆弱性届け出は303件 - ソフト、サイトともに増
キャンペーン登録者の個人情報が閲覧できる状態に - カゴメ
従業員が顧客情報を悪用、カードローンに申込 - DeNA
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII