Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アダルト系コンテンツが見つかったと偽り、添付ファイルを開かせようとするワーム

ソフォスは、ユーザーのPC内で見つかったアダルト系コンテンツを隠せると偽って、添付ファイルを開かせようとするワーム「W32/Baba-C」に対し、注意を呼びかけている。

同ワームはメールを介して拡散する。ユーザーのPCにアダルト系コンテンツが見つかったとメッセージを送り、添付されている「Evidence Cleaner」というプログラムを実行することで隠すことができるとのメッセージを表示する。

しかしこれらはすべて事実と異なる情報で、実際にプログラムを実行すると、ハッカーにシステムへのアクセスを提供するためのバックドアを設置する。同社では、ウイルス対策製品を最新に保ち、勝手に送られてくるメールの添付ファイルは起動しないよう求めている。

(Security NEXT - 2005/01/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

政府、行政機関のLINE利用でガイドライン
鹿児島銀のネットバンク装うフィッシング攻撃 - 乱数表も詐取
政府18機関でLINEを業務利用 - 11機関で機密情報も
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
「Firefox」にセキュリティ更新 - Android版のみ影響する深刻な脆弱性も
「Samba」にサービス拒否や共有ファイルを削除される脆弱性
VPN製品「Pulse Connect Secure」にアップデート - ゼロデイ脆弱性など修正
セキュリティリリース「PHP 7.4.18」「同7.3.28」が公開
金融機関向けASPサービスに不正アクセス - トレードワークス
「BIND 9」に3件の脆弱性 - RCEやDoS攻撃のおそれ