Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

受講者の画像記録にも対応した個人情報保護教育システム

ゴールネットは、従業員向け個人情報保護教育システム「HSMS」を開発し、1月より販売を開始する。

同製品は、安全管理を周知徹底させる教育コンテンツをオンデマンドで配信できるシステム。企業経営者のメッセージや個人情報保護法の解説、企業向けにカスタマイズされたトレーニングや、理解度をチェックするテストなど、1回15分のコンテンツを6本で構成される。

受講者をウェブ用カメラで撮影し、受講記録とともに保存可能。インターネットを通じた配信にも対応しているため、委託先や代理店などに提供するといった利用も可能だという。

(Security NEXT - 2005/01/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SonicWall、VPN製品向けに追加アップデート - すぐに更新を
「テレワークセキュリティガイドライン」に改定案 - パブコメ実施
「Salesforce」ベースの自治体向けサービスで設定不備 - 71団体が導入
セキュリティ運用ソフト「LogStare Collector」に新版
「ノートン360」の上位製品に個人情報流出の通知機能
セキュリティコミュニティ形成のプラクティス集を公開 - 経産省
CiscoのWindows向けVPNクライアントに脆弱性 - 更新を
町会代表者の個人情報を入札関連サイトで誤公開 - 東京都
政府、ISP経由で国内Emotet感染者に注意喚起
「Office for Mac」向けにセキュリティ更新 - 脆弱性2件を修正