Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ワーム「Zafi」の新亜種、クリスマスメッセージを装って拡散

警察庁は、メールを介して感染するワームZafiの亜種Zafi.Dについて、注意を促している。

日本エフ・セキュアのウイルス情報によれば、オリジナルのZafi.Aがハンガリー語のみを使用するのに対し、同ワームは英語、イタリア語、スペイン語、ロシア語、スウェーデン語、そのほか数言語を使用する。タイトルおよび本文は、クリスマスを祝うメッセージとなっている。

感染すると、Windowsシステムディレクトリに自身のコピーを作成する。また、Windowsアドレスブックおよびその他のファイルを参照してメールアドレスを収集し、独自のSMTPエンジンにより感染メールを送付する。

同社では、危険度のレベルを2として、注意を呼びかけている。また、シマンテックでは被害状況および感染力を「高」と設定、トレンドマイクロでは危険度を「中」と設定して、同様に注意を促している。

(Security NEXT - 2004/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Citrix Workspace App」に権限昇格の脆弱性 - アップデートを公開
配送伝票に他人の氏名、作業工程でデータにずれ - B.LEAGUE
Adobe、13製品向けにセキュリティアップデートを公開
「Adobe Experience Manager」に深刻な脆弱性
「Adobe Experience Manager」に6件の脆弱性 - 修正版が公開
eコマースプラットフォーム「Magento」にセキュリティアップデート
「Adobe Acrobat/Reader」に14件の脆弱性、アップデートが公開 - すでにゼロデイ攻撃も
MS、5月の月例パッチで脆弱性55件を修正 - 3件が公開済み
メール誤送信で会員のメアド流出 - 子ども向けプログラミング教室
米パイプライン事業者がランサム被害 - FBIが「Darkside」関与指摘