Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフトバンクBB、最大8万6000件の個人情報が漏洩か - 恐喝事件と別ルートか

ソフトバンクBBは、複数の雑誌編集部へ同社の顧客情報とされるデータが12月10日に同社へ持ち込まれ、照合した結果、同社の顧客情報である可能性が高いと発表した。

ブロードバンド接続サービス「ヤフーBB」の顧客情報とされる1500件のデータが、10日に週刊新潮誌に持ち込まれたもので、氏名、住所、電話番号、携帯電話番号が記載されていた。

また、光文社の写真週刊誌でも同日に同様のデータ5000件を入手したと同社へ連絡があったとしている。さらに13日、新潮社ではすでに3万件のデータを入手したとして、ソフトバンクBB側に申し出があったが、現時点で照合作業作業は行われていない。

今回持ち込まれたデータの特徴から、同社では11月24日に日経BP社より持ち込まれた情報と同一である可能性が高いとしており、最大86000件が漏洩した可能性があるという。

ソフトバンクBBでは、Yahoo! Japan IDなど、同社固有のデータが含まれていないため、同社の顧客データであるとの断定は避けている。しかし、3社のデータに関しては出所が同じ可能性が高く、顧客データ保持者が意図的に雑誌社へ送付した可能性が高いとコメントしている。

また、恐喝未遂事件とのデータと引き出し時期が異なるため、同一データではないとしつつも、事件協力者の男性が引き出した可能性があるとしている。

(Security NEXT - 2004/12/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IoT機器や制御機器に用いるRTOSなどにRCE脆弱性「BadAlloc」
フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超
「VMware vRealize Business for Cloud」に深刻なRCE脆弱性
日産証券、情報流出を最優先で調査 - サービス再開時期は慎重に判断
MTAの「Exim」に21件の脆弱性 - 最新版へ更新を
新型コロナ自宅療養者の個人情報をFAX誤送信 - 世田谷保健所
若年選手育成選考会の関係者メアドが流出 - 群馬県スポーツ協会
政府、約8年ぶりにIT-BCPガイドラインを改訂 - 新型コロナ踏まえた内容も
2020年のネットバンク不正送金、被害額4割減 - 法人では増加
2009年以降のDell製端末のドライバに脆弱性 - アップデートが順次公開、未提供の場合も削除を