Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士写、デジタル文書を長期保存するアーカイブシステムを開発

富士写真フイルムは、パソコンで作成した文書データや紙文書をスキャニングしたイメージデータといったデジタル文書を、直接マイクロフィルムに記録できるドキュメントアーカイブシステム「AR-1000」を12月1日より発売する。

同製品は、電子書類をISO規格で期待寿命が500年以上とされるマイクロフィルムに記録できる装置。デジタルデータを、紙を介すことなく直接専用フィルムに書き込むため、ストレージ内に蓄積されているデジタル文書を、手軽に保存できる。

(Security NEXT - 2004/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

政府、「サイバーセキュリティ戦略」を閣議決定
中国Hikvision製の防犯カメラにRCE脆弱性 - 発見者「バックドアではない」との見解
「au PAY」装うフィッシングが増加 - フィ対協が注意喚起
宛先リストに誤り、還元ギフトを異なる顧客に送信 - Looop
「JAPANSecuritySummit 2021」をオンライン開催
JIPDECとフィ対協、メーラーの「S/MIME」対応状況を調査
解析用委託データに顧客情報、URLや特定操作で混入 - 新生銀行グループ
SNDS製パブリックディスプレイに複数の深刻な脆弱性 - アップデートで修正
「問い合わせフォーム」からの「なりすまし投稿」に警戒を - 不審URLに誘導
次期「サイバーセキュリティ戦略案」を決定 - DXとセキュリティを同時推進