Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カード情報や口座番号入力に抵抗感がある8割 - NRI調査結果

NRIセキュアテクノロジーズは、アンケート調査「個人情報保護に関する消費者意識調査2004」の結果を公表した。結果では、個人情報保護への意識が高まっていることが明らかになった。

同アンケートは、インターネットを利用する個人ユーザーを対象に2004年9月3日から6日にかけて実施されたもの。結果を見ると、過去1年間にパソコンやインターネット利用で経験したトラブルとして、「見知らぬ人からの迷惑なダイレクトメール」を受けた経験のある人が前年度調査の7.7%から54.2%へと7倍以上に急増した。

さらに、「個人情報が漏洩された」との回答は9.1%から20.2%へと増加している。また、個人情報をウェブサイトに入力し提供する際には、「クレジットカード番号」や「銀行の口座番号」を入力することに「かなり抵抗を感じる」という人が8割を超えており、意識の高まりが結果として現れている。

個人情報漏洩事件に対する意見についても調査が行われ、「有料サービスであるからには、基本的な情報であっても絶対に漏洩して欲しくない」とする人が6割を超え、企業への保護徹底を望む声も大きくなっている。

(Security NEXT - 2004/11/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
Oracle、「Java SE」の脆弱性1件を修正
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、四半期ごと定例アップデートを公開 - 脆弱性202件に対応
SaaS型セキュ対策が活況 - アプライアンスは需要後退
小規模向けの一部Cisco製ルータに深刻な脆弱性 - 更新予定なく利用中止を
東京女子大ウェブショップで個人情報流出の可能性