Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロ、10月度のウイルス感染被害レポートを発表

トレンドマイクロは、日本国内における、10月度のコンピュータウイルス感染被害報告件数マンスリーレポートを発表した。

同レポートは、2004年10月1日から10月31日までに、日本のトレンドマイクロのサポートセンターに寄せられたウイルス被害件数をもとにランク付けを行ったもの。

今月のウイルス感染被害の総報告数は4255件と、9月の4567件から減少している。全体の傾向としては変わらずトロイの木馬型が多く、トップ10中7つを占めている。トップ5の順位にほとんど変動はなく、特に1位のTROJ_AGENT(256件)と2位のWORM_NETSKY(200件)は先月の順位と同じ。

10月29日にWORM_BAGLE.ATおよびWORM_BAGLE.AUにイエローアラートが発令された。両者ともに電子メールを大量に送信するマスメール型ワームで、発見からパターンファイル公開までの間に感染が広がるものの、あらたなパターンファイルが適用されると感染が収束する傾向がある。そのため同社では、今後も大きな被害につながるとは考えにくいと分析している。

同社では、ウイルス対策ソフトを利用している安心感から、怪しいメールを開封してしまうのは危険な行為だとして、高いセキュリティ意識を保つよう、ユーザーに呼びかけている。

(Security NEXT - 2004/11/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

民生委員が高齢者名簿を紛失、10カ月以上前に - 行田市
先週注目された記事(2024年7月7日〜2024年7月13日)
侵害調査で個人情報の一部流出を確認 - 住友重機械工業
複数問合の同時並行対応で添付ファイルを取り違え - 大阪市
委託先で書類封入ミス、一部資料に別人の個人情報 - 宇部市
市制施行70周年記念式典の申込フォームで設定ミス - 駒ヶ根市
東京海上Gの顧客情報が流出した可能性 - 損査業務には影響なし
「Exim」に脆弱性 - 拡張子による添付ファイルブロックを回避されるおそれ
地理空間データを活用する「GeoServer」の脆弱性攻撃に注意
ドメインやホスティングが停止すると不安煽るフィッシングに警戒を