Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本郵政公社から200人分の個人情報流出 - 被害者の特定もできず

日本郵政公社京都簡易保険事務センターから顧客情報200人分が流出していたことが15日にわかった。業務委託先が紛失したもので、内部で処理し、監督庁である郵政事業庁に届出を行っておらず、問題となっている。

同センターでは、近畿や中国地方の郵便局の簡易保険事務を請け負っている。今回紛失したのは貸し付け請求書で、住所、氏名、保険証書記番号、貸付額など個人情報が保存されていた。

現在も見つかっておらず、被害者の特定もできていないという。

(Security NEXT - 2004/10/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

クラファン支援者の個人情報が閲覧可能に - 関東大学バレーボール連盟
過去宛先不明の住所に口座番号変更通知書を送付、所在不明に - 中央労働金庫
NETGEAR製スイッチの管理画面にCSRFの脆弱性
県サイトに就農者の個人情報を誤掲載 - 岐阜県
都が中小企業セキュ対策であらたな支援事業 - 試験的に機器設置、インシデント対応もサポート
「JetBrains ToolBox」に深刻な脆弱性 - 開発者とNVDでわかれる評価
オンラインの「サイバーセキュリティトレーニング」を提供 - 日立
案内メールに他顧客の情報、リスト作成時にミス - モリサワ
ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査
新潟ご当地グルメの通販ショップに不正アクセス