Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クリアスウィフト、企業向けスパムメール対策ソフトを発売

クリアスウィフトは、スパムの誤検出をなくして、電子メール管理の負担を削減するスパムメール対策ソフト「MAILsweeper Business Suite」を、10月12日より発売する。

同製品は、電子メール向けセキュリティ製品「MAILsweeper 4.3 for SMTP」に、スパム対策ツール群と、ウェブベースのリモート管理ツール「REMOTEmanager」加えた統合製品。すべての機能をひとつのインストーラで導入することが可能となっている。

同ソフトでは、企業ごとに異なる「スパム」の定義をより正確に設定できるため、検出精度の向上と、誤検出の低減が実現可能だという。また、完全日本語対応により、企業ごとのビジネスメールの特徴を学習する能力が向上した。同社が行った国内のテストでは、スパム検出率98%という結果を出している。

さらに、最終的なスパムメールの処理判断をユーザーが決定できる新機能が追加された。そのため同社では、誤検出がなくなり、管理者への負担も軽減されるとしている。価格は50ユーザーで55万円。

(Security NEXT - 2004/09/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ウイルスバスター for Home Network」に3件の脆弱性
日之出出版の通販サイト2サイトが不正アクセス被害 - 指摘は約1年前
クラウド型のウェブ閲覧環境分離サービス - 高リスクサイトだけの利用も
一部データが暗号化、個人情報流出の痕跡は見つからず - 日産証券
オンライン会議の招待準備で傍聴希望者のメアドが流出 - 消費者庁
11製品にセキュリティアップデート、深刻な脆弱性も - Adobe
JA高崎ハムの通信販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
予約サイト「EPARK」で別会員情報を誤表示 - キャッシュ処理で不具合
ログイン情報だまし取る「偽メルカリ」に注意 - メルペイ決済で悪用被害も
サーバが攻撃の踏み台に、CMS導入ファイル狙われる - 茨大工学部同窓会