Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

BIGLOBE、迷惑メール対策を強化

NECのインターネットサービスBIGLOBEは、偽装メールアドレスからのメール受信を拒否する「迷惑メール対策強化」を実施した。

今回の強化では、同一IPアドレスからの同時メール送信要求数に上限値を設定し、迷惑メール送信者によるメールの同時大量送信を制限する。同社ではこれにより、同時大量送信による迷惑メールを約9割削減することができるとしている。

また、DNSに登録されていないドメイン名からのメールを偽装アドレスからの迷惑メールと判断し、同社のメールサーバにて受信を拒否する。

(Security NEXT - 2004/09/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

OTとIT環境のトラフィックや資産を可視化する新サービス
通販顧客のメールアドレスが流出 - 入浴剤通販サイト
サーバが攻撃の踏み台に、CMS導入ファイル狙われる - 茨大工学部同窓会
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
新幹線オフィスの実証実験、画面覗き見対策や会話の保護も
「エポスカード」を装うフィッシング攻撃 - 利用確認装う手口
電子たばこ通販サイトに不正アクセス - 偽決済フォーム設置される
KADOKAWAの海外子会社に不正アクセス - ランサムウェアか
職員アカウントが海外より不正アクセス、スパムの踏み台に - 尚絅学院大
「サンリオピューロランド」の運営会社サイトに不正アクセス