Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

海賊版ソフト販売で無職男性を逮捕 - 北海道警

コンピュータソフトウェア著作権協会によれば、北海道警および札幌西署は、オークションサイトを介して海賊版ソフトを販売していた無職男性を、著作権法違反の疑いで逮捕した。

男性は、2004年2月ごろから3月ごろまでの間、「Yahoo!オークション」を介して募った札幌市内の客3人に対して、ビジネスソフトなどを無断複製したCD-R10枚を合計1万円で通信販売していた。

逮捕同日に行われた男性宅の家宅捜索では、CD-R約150枚のほか、合計約150点の証拠品が押収された。同署では、余罪があるとみて捜査を継続する方針だという。

リリース
http://www.accsjp.or.jp/news/040903.html

コンピュータソフトウェア著作権協会
http://www.accsjp.or.jp/

(Security NEXT - 2004/09/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
DNSサーバ「PowerDNS Recursor」にサービス拒否の脆弱性
バックアップソフト「Macrium Reflect」に権限昇格の脆弱性
WP向けダウンロード監視プラグインに脆弱性
受託研修事業の受講者メールアドレスが流出 - 中部大
なりすましメールでEmotet感染、情報流出 - 防犯カメラメーカー
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
大量スパム配信から「Emotet」に攻撃トレンドがシフト - OS非標準のzip暗号化で検知回避か
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て