Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、地方公共団体におけるセキュリティポリシーの策定状況を発表

総務省は、地方公共団体における情報セキュリティポリシーの策定状況を発表した。

発表によれば、市区町村の導入状況は、2004年1月から4月にかけて56.3%から74.4%へと大幅に増加。また、個人情報保護条例は、82.0%)が制定済みとなっている。

都道府県の策定状況は2004年1月時点で97.9%に達しており、以後横ばいとなっている。なお、個人情報保護条例は全7団体が制定を終えている。

総務省は、電子自治体の構築において情報セキュリティ対策の徹底が不可欠としており、すべての地方公共団体において情報セキュリティポリシーの策定と個人情報保護条例の制定を促進したいとしている。

(Security NEXT - 2004/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「PAN-OS」脆弱性、攻撃条件を修正 - 一部緩和策が「効果なし」に
「PAN-OS」脆弱性の詳細や悪用コードが公開済み - 攻撃拡大のおそれ
Oracle、「Java SE」に関する脆弱性13件を修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - のべ441件の脆弱性に対応
メール誤送信で横断幕掲示応募者のメアド流出 - 飯塚オートレース場
WordPress向けプラグイン「InstaWP Connect」に脆弱性
Windows環境下の複数開発言語に脆弱性「BatBadBut」が判明
LINEヤフーに再度行政指導 - 報告受けるも対応や計画不十分
「Microsoft Edge」にアップデート - 「Chromium」の脆弱性修正を反映
小学校で保護者や教職員の口座番号含むUSBメモリを紛失 - 東村山市