Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クライアントPCの一元管理が可能「Symantec Client Security 2.0」

シマンテックは、ファイアウォール、侵入検知、ウイルス対策機能などを備えた総合セキュリティソフト「Symantec Client Security 2.0」を6月4日より発売する。さらに、店頭向け製品「Symantec Client Security Business Pack」を用意しており、7月16日より販売を開始する予定。

同製品は、複数のクライアントPCのセキュリティ機能を一元管理できるソフトウェア。ウイルス定義、ファイアウォールルール、侵入検知シグネチャを一括して更新でき、企業のネットワークを不正アクセスやワームより防御することが可能。

最新バージョンでは、「大量メール送信型ワームのブロック」「VPN 接続前のセキュリティチェック」など新機能が盛り込まれた。

(Security NEXT - 2004/05/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

政府18機関でLINEを業務利用 - 11機関で機密情報も
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
「Firefox」にセキュリティ更新 - Android版のみ影響する深刻な脆弱性も
「Samba」にサービス拒否や共有ファイルを削除される脆弱性
VPN製品「Pulse Connect Secure」にアップデート - ゼロデイ脆弱性など修正
セキュリティリリース「PHP 7.4.18」「同7.3.28」が公開
金融機関向けASPサービスに不正アクセス - トレードワークス
「BIND 9」に3件の脆弱性 - RCEやDoS攻撃のおそれ
重要インフラ事業者へランサムウェアについて注意喚起 - NISC
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ