Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2003年のウイルス被害総額は3025億円 - IPA発表

情報処理推進機構(IPA)は、国内外におけるコンピュータウイルスの被害状況について調査を実施し、結果を公表した。国内被害総額は3025億円だった。

同調査は、全国の4000事業所、およびび1000自治体を調査対象として実施された。IPAでは、1989 年度より毎年実施しており、今回で15回目となる。

調査によれば、22.2%がウイルスに感染経験があるとしており、47.4%も感染には至らなかったが、ウイルスと遭遇している。被害総額は3025億円で、2002年の4400億円から1300億円縮小した。今回の縮小についてIPAではウイルス対策の結果としている。

(Security NEXT - 2004/04/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

政府、行政機関のLINE利用でガイドライン
鹿児島銀のネットバンク装うフィッシング攻撃 - 乱数表も詐取
政府18機関でLINEを業務利用 - 11機関で機密情報も
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
「Firefox」にセキュリティ更新 - Android版のみ影響する深刻な脆弱性も
「Samba」にサービス拒否や共有ファイルを削除される脆弱性
VPN製品「Pulse Connect Secure」にアップデート - ゼロデイ脆弱性など修正
セキュリティリリース「PHP 7.4.18」「同7.3.28」が公開
金融機関向けASPサービスに不正アクセス - トレードワークス
「BIND 9」に3件の脆弱性 - RCEやDoS攻撃のおそれ