Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、OEの修正ファイルを公開

マイクロソフトはメールクライアントソフト「Outlook Express」の修正パッチを公開した。

今回公開されたパッチは、「Microsoft Outlook Express 5.5」および「同6」に見られる「MHTML URL を処理する際の不具合」を修正するもの。同パッチを当てない場合、「リモートでコードが実行される」といった、攻撃を受ける可能性がある。

マイクロソフトでは、不具合の深刻度を最高の「緊急」に設定、対策を呼びかけている。

(Security NEXT - 2004/04/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府、アクセス制御製品の研究開発情報を募集
教委職員が個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 大阪市
個人情報含むメールを第三者へ誤送信 - 国交省
約29万人に振込不能メールを誤送信、アクセスが集中 - 北國銀
「Feature Toggle」のJava実装「FF4j」に深刻な脆弱性
「Apache Fineract」にパストラバーサルの脆弱性
利用客の個人情報を第三者にメール誤送信 - 長良川鉄道
採用応募書類など含むUSBメモリが所在不明に - 国立天文台
21店舗で顧客情報の紛失や誤廃棄が判明 - 福岡ひびき信金
「Chrome」にゼロデイ脆弱性 - 前回ゼロデイ対応から1週間強で