Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

林業機械の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性

林業機械の通信販売サイト「ENGINE −円陣−」が不正アクセスを受け、決済に利用された顧客のクレジットカード情報が外部に流出した可能性があることがわかった。

同サイトを運営する円陣によれば、システムの脆弱性を突く不正アクセスにより、同サイトで利用された顧客のクレジットカード情報が流出し、一部不正に利用された可能性があることが判明したもの。

流出した可能性があるのは、2019年10月13日から同年12月19日にかけて利用されたクレジットカード情報932件で、クレジットカードの名義、番号、有効期限、セキュリティコードが含まれる。

1月21日にクレジットカード会社から情報流出の可能性について指摘があり問題が判明。クレジットカードによる決済を停止して外部事業者による調査を行い、3月25日に調査を終えていたという。

同社は、6月1日に経済産業省および個人情報保護委員会へ事態を報告し、警察に被害届を提出。対象となる顧客に対しては、7月17日よりメールで事情を報告し、謝罪。心当たりのない請求が行われていないか、確認するよう求めている。

(Security NEXT - 2020/07/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

トレンドマイクロの複数製品に脆弱性 - 順次更新を実施
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデート準備中
Facebookの「WordPress」向けプラグインに脆弱性 - チャット乗っ取りのおそれ
WordPressの人気テーマ「Divi」に深刻な脆弱性
Ciscoの複数ネットワーク管理製品に深刻な脆弱性 - 認証回避や遠隔操作のおそれ
IoT機器で広く採用される「Treck TCP/IP Stack」に深刻な脆弱性
横河電機の制御システム向けアラーム管理ソフトに複数脆弱性
「SKYSEA Client View」に脆弱性 - 緊急対応を
セキュアブート回避の脆弱性「BootHole」が判明 - LinuxやWindowsに影響
「BIG-IP」脆弱性問題でF5が侵害の調査方法を公開 - 米政府も注意喚起