Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GRCプラットフォームの新版を提供 - デルテクノロジーズ

デルとEMCジャパンは、GRCプラットフォームの新版となる「RSA Archer Suite 6.8」を提供開始した。

同製品は、ITやセキュリティに関するリスクやコンプライアンス、事業継続、サードパーティ管理、監査などを可視化、効率化するGRCソリューション。35種類のモジュールで構成されている。

新版では、あらたに「データゲートウェイ機能」を搭載。外部システムで管理しているデータをリアルタイムに参照し、データを取り込むことが可能となった。財務管理の評価や報告、コンプライアンスや財務規制に関わるプロジェクトを一元的に管理するモジュールをあらたに追加している。

さらにワークフローの承認が行えるモバイルアプリを用意。アプリ上では承認タスクのリストを期日別に表示し、承認や却下、差し戻しなどを行うことができる。

(Security NEXT - 2020/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

日本ユニシスとソフトバンク、セキュリティ新会社を設立
RaaSで拡散するランサムウェア「Paradise」に復号化ツール
クラウド型ウェブゲートウェイにログ分析オプション
ランサム「HildaCrypt」に復号ツール - 開発者が復号キーを提供
ウェブフィルタリングソフトにアイソレーション機能 - ALSI
ALSIの暗号化ソフト、ストレージソフト「Proself 」と連携
脅威情報を集約し横断分析する「CURE」を開発 - NICT
SIEM製品に新版 - 侵害痕跡の分析も対象に - Dell EMC
ALSI、情報漏洩対策製品に新版 - 不審操作の通知機能
ふるまいを機械学習、内部脅威を検知する「RSA NetWitness UEBA」