Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

F5の「BIG-IP」シリーズに深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ

F5 Networksが提供するネットワーク製品「BIG-IP」シリーズにシステムの制御を奪われるおそれがある深刻な脆弱性が明らかとなった。

同製品の管理画面である「トラフィックマネジメントユーザーインタフェース(TMUI)」に、リモートよりコードを実行されるおそれがある脆弱性「CVE-2020-5902」が判明したもの。

同脆弱性により、認証の有無に関係なく、同インタフェースへアクセスできる場合に任意のシステムコマンドやJavaのコードを実行することが可能。サービスの無効化、ファイルの作成および削除なども可能で、システムの制御を奪われるおそれがある。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3」のベーススコアは、最大値にあたる「10.0」で、重要度は「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。アプライアンスモードも脆弱性の影響を受けるが、コントロールプレーンのみ影響があり、データプレーンは対象外だという。

同社は、脆弱性を修正した「同15.1.0.4」「同14.1.2.6」「同13.1.3.4」「同12.1.5.2」「同11.6.5.2」をリリース。クラウド向けに展開している仮想アプライアンス版も含めて、利用者にアップデートするよう呼びかけるとともに、緩和策についてもアナウンスしている。

(Security NEXT - 2020/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

トレンドマイクロの複数製品に脆弱性 - 順次更新を実施
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデート準備中
Facebookの「WordPress」向けプラグインに脆弱性 - チャット乗っ取りのおそれ
WordPressの人気テーマ「Divi」に深刻な脆弱性
Ciscoの複数ネットワーク管理製品に深刻な脆弱性 - 認証回避や遠隔操作のおそれ
IoT機器で広く採用される「Treck TCP/IP Stack」に深刻な脆弱性
横河電機の制御システム向けアラーム管理ソフトに複数脆弱性
「SKYSEA Client View」に脆弱性 - 緊急対応を
セキュアブート回避の脆弱性「BootHole」が判明 - LinuxやWindowsに影響
「BIG-IP」脆弱性問題でF5が侵害の調査方法を公開 - 米政府も注意喚起