Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ADの脅威診断を期間限定で無償提供 - マクニカ

マクニカネットワークスは、「Active Directory」の脅威診断サービスを期間限定で法人向けに無償で提供する。

同サービスは、イベントのログファイルから「Active Directory」における脅威の状況を調査し、簡易的な報告書を提供するもの。

診断には、「Active Directory」に特化した検知ロジックを用いており、「パスワードスプレー」「DCShadow」「DCSync」「BloodHound」「Skeleton Key」といった攻撃を検知。登録IPアドレスや登録管理者以外の管理者権限によるログオン、不審なタスクの登録、イベントログの消去なども調査する。

無償サービスは9月30日まで申し込みを受け付け、脅威を検知した場合は、詳細な調査や監視サービスなどは有償で対応するという。

(Security NEXT - 2020/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

損ジャと日立ソ、IoTセキュリティ分野で協業
データ利活用時のリスクを低減するコンサルサービス - CCI
WAFにDDoS防御機能を追加 - CDNetworks
クラウドの設定ミスを防ぐ診断サービス - ラック
EC-CUBE特化のクラウド型WAFサービス - イーシーキューブ
テレワークのリスク評価サービス - セキュアワークス
テレワーク環境向けに期間限定の脆弱性診断 - BBSec
リモート環境のセキュリティ診断サービスを開始 - セキュアワークス
テレワーク体制向けセキュ診断サービス - ヒアリングで重点調査も実施
MacやLinuxにも対応したテレワーク端末のセキュ診断サービス