Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報含む伝票を紛失、誤廃棄の可能性 - 百十四銀

百十四銀行の国分寺支店において、顧客情報が記載された伝票が所在不明となっている。

同行によれば、同支店で5月11日、12日に扱った伝票の紛失が判明したもの。顧客の氏名や住所、電話番号、口座番号、取引金額などが記載されており、個人113件、法人93件のあわせて206件の顧客情報が含まれる。

顧客から問い合わせがあり、6月8日に取引内容を伝票で確認しようとしたところ、見当たらなかったという。同行ではこれら伝票について、誤って廃棄した可能性が高いと説明。紛失した情報の不正利用などは確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2020/06/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報関連の事務処理ミス19件を公表 - 大阪市
寄付者個人情報を誤ってファックス送信 - ふるさと納税受託業者
居住者情報の記載資料が所在不明に - 仙台市の郵便局
牡蠣の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
DV被害者住所をミスで加害者へ漏洩 - 三鷹市
黒塗りした個人情報が特定操作で閲覧可能 - 大船渡市
顧客情報が電車内で盗難被害 - 日神グループHD
JICA関連サイト、44回の不正アクセス - 入手アカウントでさらなる情報窃取の可能性
産業機器通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
個人情報含む書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 大阪府