Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Chrome 81.0.4044.138」がリリース - セキュリティ修正3件

Googleは、「Windows」「macOS」「Linux」向けにブラウザの最新版となる「Chrome 81.0.4044.138」をリリースし、脆弱性へ対処した。

今回のアップデートは、セキュリティに関する3件の問題に対処したもの。脆弱性についてはCVEベースで2件を修正したことを明らかにしている。

「SCTP」におけるスタックバッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2020-6831」を解消したほか、「Blink」処理で型の取り違えが生じる「CVE-2020-6464」に対応した。

いずれも重要度を4段階中上から2番目にあたる「高(High)」とレーティングしている。同社は利用者に対し、数日から数週間以内に同バージョンを展開していくとしている。

(Security NEXT - 2020/05/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

WP向けプラグイン「Paid Memberships Pro」にSQLi脆弱性
「Apache Tomcat」にRCE脆弱性 - 5月公開の最新版で修正済み
「Chrome 83」が登場、XSS対策強化 - セキュリティ修正38件
Apple、「iOS 13.5」などリリース - 修正脆弱性は今後発表
Adobe製オーディオ編集ソフトに脆弱性 - 更新を実施
主要DNSサーバに脆弱性 - 増幅攻撃「NXNSAttack」の踏み台となるおそれ
低消費電力通信「Bluetooth」に複数脆弱性 - なりすまし攻撃「BIAS」が判明
「Adobe Premiere」に脆弱性 - 「Pro」「Rush」それぞれに判明
ライブアニメソフト「Adobe Character Animator」に深刻な脆弱性
WP向けプラグイン「Elementor Pro」に深刻な脆弱性 - ゼロデイ攻撃で発覚