Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Oracle、四半期定例パッチを公開 - のべ397件の脆弱性を修正

Oracleは、四半期に1度のリリースとなる定例アップデート「クリティカルパッチアップデート(CPU)」を公開した。のべ397件の脆弱性を修正している。

今回のアップデートは、「Oracle Database」や「E-Business Suite」「Enterprise Manager」「Oracle Communications Applications」「Fusion Middleware」「PeopleSoft」「Java SE」「MySQL」のほか、幅広い製品向けに提供されている。CVEベースで重複を除くと299件、各製品あわせてのべ397件の脆弱性を修正している。

今回修正された脆弱性のうち、共通脆弱性評価システム「CVSSv3」においてスコアが「7.0」以上の脆弱性は236件。さらに「9.0」以上とされる脆弱性が59件含まれる。264件に関してはリモートより悪用されるおそれがあるという。

同社では、サポートされているバージョンを確認したうえで、すみやかにアップデートを適用し、脆弱性を修正するよう利用者に対して呼びかけている。次回の定例アップデートは米時間2020年7月14日に公開する予定。

(Security NEXT - 2020/04/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

最新「iOS」にゼロデイ脆弱性 - ジェイルブレイクツールが公開される
露APTグループがメールサーバに脆弱性攻撃 - 米政府が注意喚起
MTA「Exim」に対する攻撃が拡大 - 脆弱なサーバは360万台以上稼働か
Apple、iOSアップデートの脆弱性修正内容を公開
Apple、macOS向けにセキュリティアップデート
複数の人気スマホ、地域による脆弱性格差が存在
「Cybozu Desktop」のWindows版に脆弱性 - アップデートで修正
WP向けプラグイン「Paid Memberships Pro」にSQLi脆弱性
「Apache Tomcat」にRCE脆弱性 - 5月公開の最新版で修正済み
「Chrome 83」が登場、XSS対策強化 - セキュリティ修正38件