Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含む書類持ち帰り紛失、事務遅れ隠す - 山形市

山形市は、職員が個人情報含む会計書類を自宅へ持ち帰り、一部が所在不明となっていることを明らかにした。

同市によれば、同市消防本部総務課の職員が、2019年9月ごろより事務処理の遅れを隠すため、会計関係書類など132件を不正に自宅へ持ち帰っていたもの。2018年以前に所属した部署の書類もあった。

物品などや光熱水費の会計処理で使用する伝票や、業者からの請求書などの会計関連書類で氏名や口座番号などの個人情報が含まれる。

また10件については所在がわからず、25件については、支払処理などが適切に行われず、複数業者への支払いで2週間から6カ月の遅れが生じた。

今回の問題を受け同市では、同職員を3月27日付で減給2カ月の懲戒処分を実施。管理監督者についても口頭で厳重注意を行っている。

(Security NEXT - 2020/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

テレワーク目的で個人情報保存したUSBメモリを紛失 - 大阪府立高校
患者情報含む私物USBメモリが所在不明 - 広島市
個人情報紛失で中学校教諭に戒告処分 - 福岡市
手話検定試験の受験者情報含むUSBメモリが所在不明
京大iPS研究所職員を懲戒解雇 - 機密情報持ち出しや盗撮で
個人情報持出で元職員の賠償訴訟、議案可決 - 平塚市
中学校生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 福岡市
駐輪場で個人情報含む書類を紛失 - 大阪市
個人情報持出職員の賠償請求に向け議案提出へ - 平塚市
持ち出し個人情報で選挙活動、元職員市議を告発 - 平塚市