Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

住民からの問い合わせ、別人に回答メールを送信 - 大阪市

大阪市は、住民からの問い合わせに回答する際、誤って別人にメールを送信するミスがあったことを公表した。

同市によれば、市民局NPO法人担当において、3月11日に住民から寄せられた問い合わせに回答した際、誤って別人にメールを送信したもの。メールには問い合わせ内容として送信された意見などが記載されていた。

同日担当者が送信ミスに気付き、対応を進めようとしていたところ、誤送信先から連絡を受けたという。同市では謝罪するとともにメールの削除を依頼。本来回答すべき住民に対して事情を説明し、謝罪するメールを送信した。

同市では、問い合わせに対して回答する際、複数の職員で確認しているが、不十分でミスを防げなかったという。

(Security NEXT - 2020/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

京大iPS研究所職員を懲戒解雇 - 機密情報持ち出しや盗撮で
新型コロナ影響で入学式中止、通知メールで送信ミス - 創価大
ふるさと納税者のマイナンバーを無関係自治体へ誤送信 - 輪島市
有識者会議の資料送付メールで誤送信 - 内閣官房
ガイダンス中止の通知でメール送信ミス - 専修大
留学生や提携校担当者宛のメールで送信ミス - 国際教養大
記念樹希望者宛メールで誤送信、直後にも再度ミス - 熊本市
地域限定クーポンのプレゼント企画で応募者情報が流出 - 南房総市
企業説明会の中止連絡でメール送信ミス - 兵庫県立大
顧客メアド含むファイルをメールに誤添付 - ブックオフ