Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

住民からの問い合わせ、別人に回答メールを送信 - 大阪市

大阪市は、住民からの問い合わせに回答する際、誤って別人にメールを送信するミスがあったことを公表した。

同市によれば、市民局NPO法人担当において、3月11日に住民から寄せられた問い合わせに回答した際、誤って別人にメールを送信したもの。メールには問い合わせ内容として送信された意見などが記載されていた。

同日担当者が送信ミスに気付き、対応を進めようとしていたところ、誤送信先から連絡を受けたという。同市では謝罪するとともにメールの削除を依頼。本来回答すべき住民に対して事情を説明し、謝罪するメールを送信した。

同市では、問い合わせに対して回答する際、複数の職員で確認しているが、不十分でミスを防げなかったという。

(Security NEXT - 2020/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メルアカに不正アクセス、関係者へフィッシングメール - LINK-J
セミナー案内メール送信ミス - 茨城県科学技術振興財団
連番URLで他顧客情報が容易に閲覧可能 - 大東建託
グルメアプリに不正アクセスの可能性 - ユーザー情報流出か
ファンクラブ会員宛のメールで誤送信 - 宇都宮ブレックス
体育施設開放の案内メールで送信ミス - 我孫子市
インターンシップ応募者の個人情報をメール誤送信 - 住友重機
PCR検査で受診者情報ファックスを誤送信 - 奈良の保健所
新型コロ患者情報、コンビニ複合機に置き忘れ - 神奈川県
メール送信ミスで入試事前審査の合否情報が流出 - 神戸大