Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

住民からの問い合わせ、別人に回答メールを送信 - 大阪市

大阪市は、住民からの問い合わせに回答する際、誤って別人にメールを送信するミスがあったことを公表した。

同市によれば、市民局NPO法人担当において、3月11日に住民から寄せられた問い合わせに回答した際、誤って別人にメールを送信したもの。メールには問い合わせ内容として送信された意見などが記載されていた。

同日担当者が送信ミスに気付き、対応を進めようとしていたところ、誤送信先から連絡を受けたという。同市では謝罪するとともにメールの削除を依頼。本来回答すべき住民に対して事情を説明し、謝罪するメールを送信した。

同市では、問い合わせに対して回答する際、複数の職員で確認しているが、不十分でミスを防げなかったという。

(Security NEXT - 2020/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

原子力規制庁でメール誤送信 - 在宅勤務職員の個人メアド誤り第三者へ
自宅で個人情報を保持して外部漏洩、職員を懲戒免職 - 弘前市
マスク販売の当選メールで宛先が流出 - プログラム不具合で
コインチェックのドメイン管理に不正アクセス - 改ざんで顧客メール窃取か
メール誤送信で進学相談会参加者のメアド流出 - 情報科学芸術大学院大学
教員採用試験志願者のメアド流出、誤送信対策一部対象外で - 岐阜県
受託新コロ電話相談窓口の記録を送信ミス - NTT-MA
関係ない個人情報含む表計算ファイルを送信 - つくば市
委託先でメール送信ミス、医療機関や薬局のメアド流出 - 大阪府
イベント案内メール誤送信で顧客のメアド流出 - 調味料販売会社