Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Chrome 80.0.3987.132」がリリース - 複数脆弱性を解消

Googleは、「Windows」「macOS」「Linux」向けにブラウザのアップデート「Chrome 80.0.3987.132」をリリースし、複数の脆弱性へ対処した。

今回のアップデートでは、セキュリティに関する13件の修正を実施。解放後のメモリを使用するいわゆる「Use After Free」の脆弱性6件をはじめ、CVEベースで9件の脆弱性を修正したことを明らかにしている。

脆弱性の重要度は、いずれも4段階中2番目にあたる「高(High)」としており、もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は含まれていない。

同社では、アップデートを数日から数週以内に配信していく予定。今回修正した脆弱性は以下のとおり。

CVE-2019-20503
CVE-2020-6422
CVE-2020-6424
CVE-2020-6425
CVE-2020-6426
CVE-2020-6427
CVE-2020-6428
CVE-2020-6429
CVE-2020-6449

(Security NEXT - 2020/03/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SISとAeye、サイトの脆弱性診断サービスの提携拡大
「iOS 13.6」「iPadOS 13.6」が公開 - 脆弱性29件を修正
Apple、macOS向けにセキュリティアップデート
ペネトレーションテストサービスを開始 - BBSec
「Java SE」にアップデート - 脆弱性11件に対処
「Chrome 84」をリリース、38件のセキュリティ修正を実施
Oracle、「Java SE」の脆弱性15件を修正
Oracle、四半期定例パッチをリリース - のべ脆弱性443件を修正
「Windows DNS Server」の脆弱性、ワーム転用のおそれ - 早急に対処を
「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 7月初旬の更新で修正済み