Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「DDR4メモリ」に脆弱性、研究チームが論文 - 攻撃対策を回避

同研究チームでは、DRAM主要ベンダー3社のメモリについて調査を実施したとしており、蘭サイバーセキュリティセンター(NCSC)が調整を実施したが、業界全体の問題であるとして具体的なベンダー名は明らかにしていない。

また実装方法に応じた攻撃パターンを発見するためのファジングツール「TRRespas」をGitHubに公開。DRAMが脆弱であるか確認できるという。

同研究チームでは、ARM向けの簡易版によって「Google Pixel 3」や「Samsung Galaxy S10」などスマートフォンを対象に実行したところ、メモリを書き換えることに成功したと説明。今後は端末をテストできるよう、Androidアプリをリリースする計画だとしている。

(Security NEXT - 2020/03/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox 74.0.1」が公開、ゼロデイ脆弱性を修正 - 標的型攻撃を確認
BD製医療機器にキオスクモード回避のおそれ
ビデオ会議で人気集める「Zoom」に複数問題 - 修正に追われる
「Microsoft Teams」導入時は最新版のインストーラーを
レクサスなど複数トヨタ車DCUに「BlueBorne」脆弱性
「Chrome 80.0.3987.162」が公開 - セキュリティ問題8件を解決
ネットインフラ管理アプライアンスに複数脆弱性
ヤマハ製の複数ネットワーク機器に脆弱性 - 停止や再起動のおそれ
RSAのID認証管理製品に複数の深刻な脆弱性
三菱製シーケンサ「MELSEC」のUDP/IP通信にリソース枯渇のおそれ